銘壷堂(めいこどう)の始まり


銘壷堂の始まりは戦後、創始者:原清が当時の有田焼を遠くは東北地方まで行商に廻った事が原点です。当時は車なんてとんでもなく、通信もままならない時代でした。何十時間もD-51等の汽車やバスに揺られて有田焼の器の見本(サンプル)を詰め込んだ重いリックを背に行商に向かいました。

加えて両手にもそれぞれ見本鞄を下げて、有田から遠く離れた温泉旅館や料亭を営業で回りました。少しでも手荷物を減らす知恵として、ワイシャツは襟と袖をボタンで取り替えれるものを着用していました。

 

昔は藁(わら)に包んで有田焼を送っていた


お得意様から頂いたご注文は何日もかかる封書で有田に通知、窯元(メーカー)に発注し入荷すればそれを当時は藁で梱包し送っていました。その後これが基となり2代目:原健次郎が関東・東海・関西地区を開拓、除々にお得意先も増え信頼を頂き現在の基盤を創りました。

 

昭和48年8月には株式会社として発足


昭和48年8月には株式会社として発足、平成元年現在の社屋が完成しました。販路は当時の営業地区に加え山陰・山陽地区の拡販にも注力しました。現在全国各地のお得意様とお取り引きを頂いております。

 

時代は変われど精神は変わらず


時代は大きく変革され、オンライン中心の社会となり『行商』と言う言葉とスタイルが今現在似合わない社会かもしれません。しかしその精神は変わらずこれからもお客様のお役に立てますよう、またご信頼頂けるよう「必要とされる器屋」を心がけて銘壷堂は努力し続けます。